南極の風に吹かれて

南極大陸を行く

f0318818_23002242.jpg
2008.10.5 南極大陸「とっつき岬」〜S16拠点 ルート上にて撮影

越冬隊が活動する「昭和基地」は、南極大陸の上にない
南極大陸から4kmほど離れたところにある「東オングル島」という島の上に基地はある
東オングル島と南極大陸の間の海は、夏以外は凍結していて雪上車でも走ることが出来る
とはいっても、途中にはクラックがあったり危険も伴うので、好き勝手に行ったり来たりすることは出来ない
南極大陸は、近くて遠い存在だ
第49次の越冬活動では、「みずほ基地」までの内陸旅行があった
総勢8名(研究者、機械隊員、通信隊員、調理隊員などで構成)で3週間かけて宙空圏、気水圏、地圏関連の研究観測をしながら往復するものだ
わたしはそのメンバーには入ってなかったが、雪上車の立ち上げなどの出発準備のために、とっつき岬から約20km内陸にあるS16ポイントまで同行した
つまり、わたしの内陸旅行は、とっつき岬からS16までの往復約40km
2泊3日の旅行だった
海から南極大陸に上陸するポイントは限られていて、もっともよく使うのが「とっつき岬」というポイント
ここには、常時大陸旅行用の大型雪上車SM100が停泊していて、その時を待っている
南極の冬を乗り越え、雪に埋まり冷えきった雪上車を、掘り出し、ゆっくりと暖め、内陸へと向かった

あこがれの南極大陸は、ただただ、雪と氷の世界だった
とっつき岬からは、はじめ斜度のある登り坂で、振り返ると凍りついたオングル海峡に黒々とした岩島や青い氷山がちりばめられ、いつも見ている海とは思えない感動があった
内陸に進むと、斜度も落ちて前も後ろも右も左も真っ白な平原となる
あらためて、「南極に来たんだ〜!」という実感に心が震えた
 
ちなみに、南極大陸の上に分厚く(最大約4000m)乗っかっている氷は、もともと降り積もった雪が圧縮されて出来たものだ
この雪上車の下にも、おそらく何百メートルという氷が岩盤とのあいだに乗っかっていることだろう
そして、氷はゆっくりゆっくりと海岸に向かって流れ下っているのである





[PR]
by antarctic_mouse | 2014-11-01 23:01